「股」の代表的な疾患

股関節の捻挫

股関節捻挫は、股関節に無理な力が加わることによって起こります。

強い衝撃、交通事故などによる股関節部分への衝撃、ヨガやダンス、ストレッチなどのやり過ぎた開脚などが股関節の捻挫につながります。

また、膝関節や足の捻挫などをかばいながら長時間歩いたり運動した場合に起こることもあります。

股関節周辺に炎症がおき股関節を動かしにくくなるため、しゃがんだり歩いたりするだけで痛みを感じるようになります。

適切な治療を行っていれば痛みはおさまってきますが、放置していると股関節が固まってしまって動きのかたさが残ったり、関節が変形してしまったりと、重大な後遺症を引き起こしかねません。

弾発股

股関節の周りの筋肉や腱が、股関節の骨に引っかかり、ボキッやガリガリという音がする症状を弾発股(だんぱつこ)といいます。引っかかる時に音がするのでバネ股と呼ばれることもあります。

初期は音や引っかかり感があるだけで痛みは無い場合が多いですが、繰り返し骨と腱がこすれることで、引っかかっている部分が炎症を起こすと、痛みが発生します。

股関節が外れるような感覚がある、違和感がある、足を動かすと、お尻や足の付け根が痛い、可動域が狭いなどの症状は弾発股の疑いがあります。

大腿骨頭壊死症

大腿骨頭の一部が、血流の低下により壊死に陥った状態です。

骨壊死が起こること、痛みが出現すること、には時間的に差があることに注意が必要です。

骨壊死があるだけでは痛みはありません。骨壊死に陥った部分が潰れることにより、痛みが出現します。

万が一、大腿骨頭壊死症になり、痛みが出現した場合でも、適切な治療により、痛みのない生活を送ることができますので、捻挫などの筋肉性の痛みとの鑑別を行い、専門の医療機関で早期の治療を受けていただく必要があります。

万が一、大腿骨頭壊死症になり、痛みが出現した場合でも、適切な治療により、痛みのない生活を送ることができますので、捻挫などの筋肉性の痛みとの鑑別を行い、専門の医療機関で早期の治療を受けていただく必要があります。

※本症は厚生労働省の特定疾患に指定されており

 医療費補助の対象となっています。